子供や若い人の肌がやわらかく弾力があるのに歳とともに皮膚が硬く弾力がなくなってたるみやシワができるのはなぜですか?

更新日:

このような肌の老化現象は主に真皮と呼ばれる、表皮(切っても血が出ない厚さの皮膚)の下の部分の皮膚の問題です。

真皮には栄養をたくさん含んだゼリー状の水分が多く、ヒアルロン酸とかコンドロイチン硫酸などムコ多糖類と呼ばれる物質が多く含まれています。

その中にコラーゲンとエラスチンというタンパク質でできている繊維がちょうど縄のように束を作っています。

歳をとってくるとこの繊維状のタンパク質ばかり増え、ゼリー状の水分が減ってきて真皮が硬く萎縮し、表皮はたるみができ、肌全体の弾力がなくなります。

このような状態は新陳代謝の減速が原因になったりしますので、プラセンタが有効です。

  • この記事を書いた人

veinhair

コンディショニングサロンVEINでは、お客様一人ひとりに合わせたパーソナルヘアケアトリートメントを導入しています。ダメージをなるべく抑えたカラーやパーマ、すでにダメージされてしまっている髪には補修をして髪の毛本来の美しさを取り戻すお手伝いをしています。

こちらがおすすめ

-

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン , 2019 All Rights Reserved.