寝不足や不規則な生活が、肌荒れや抜け毛の原因といわれますがなぜですか?

更新日:

ヒトの毛細血管は、自律神経のうちの副交感神経というリラックス状態を作る神経が作用しているとき、もっとも血流が良いのです。

寝ているときが副交感神経に支配されているときですので、毛や肌は寝ている間に作られているといっても過言ではありません。

逆に緊張状態をつくる交感神経という神経に支配されているときは、毛細血管は収縮して血流が悪くなります。

寝不足や、不規則な生活はこの自律神経のバランスを狂わせ、さまざまな体調不良の原因となることがよくあります。

いわゆる自律神経失調という状態です。毛や肌も血行がよくないとさまざまなトラブルが起こります。

  • この記事を書いた人

veinhair

コンディショニングサロンVEINでは、お客様一人ひとりに合わせたパーソナルヘアケアトリートメントを導入しています。ダメージをなるべく抑えたカラーやパーマ、すでにダメージされてしまっている髪には補修をして髪の毛本来の美しさを取り戻すお手伝いをしています。

こちらがおすすめ

-

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン , 2019 All Rights Reserved.