副腎皮質ホルモン軟膏(ステロイド剤)は副作用があると聞いてますが、なぜですか?

更新日:

副腎皮質ホルモンは別名抗ストレスホルモンといって、ストレスを受けたときに過敏になったりする肌を守ってくれます。

ですから、かぶれやアトピー性皮膚炎のかゆみを抑えたりするときに圧倒的に効果を発揮します。

しかし、連用していると、自分自身の副腎で本来つくられるべき副腎皮質ホルモンの分泌が衰えて、とてもストレスに弱い体(肌)になります。

副腎の機能が衰えている人は過敏肌になりやすい=皮膚に対してちょっとした刺激でかぶれる=副腎皮質ホルモンを使用するーといった悪循環になってしまいます。

  • この記事を書いた人

veinhair

コンディショニングサロンVEINでは、お客様一人ひとりに合わせたパーソナルヘアケアトリートメントを導入しています。ダメージをなるべく抑えたカラーやパーマ、すでにダメージされてしまっている髪には補修をして髪の毛本来の美しさを取り戻すお手伝いをしています。

こちらがおすすめ

-

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン , 2019 All Rights Reserved.