ヘアカラー(ヘアダイ)

髪の色はメラニンの量や種類で決まる

毛髪に色があるのは、毛髪がメラニン色素を含むからですが、このメラニンは、毛髪を生成する毛母細胞とは関係なくメラノサイトというメラニン生成細胞が分泌したメラニンが毛髪に混じっているからです。

白髪は一口にいえば、何らかの理由でメラニンが生成されない場合に生えてくる色なしの毛というわけです。

色なしならば透明であるはずですが、光の反射のせいで白く見えるわけです。

白髪もやや黄ばんでいることが多いようですが、まったくメラニンがないのではなく、亜メラニンが多少あるからといわれています。

実際、白髪をブリーチすると見事な銀髪になります。

 

 

ブリーチの仕組み

日本人の黒髪に、さまざまな色味を表現する場合、毛髪中のメラニンを漂白(bleach)する必要があります。

*この項でいうブリーチは単に金髪にするという意味ではなく、明度を上げること自体を説明しています。(金髪はパウダーブリーチの項で説明しています。)

ブリーチは酸化脱色といって、過酸化水素(H2O2)の酸化力によってメラニン顆粒を破壊することによって出来ます。

化学式を見てわかるように過酸化水素は水(H2O)より酸素(O)が一つ多い薬品です。

酸化というのは酸素を与える化学反応のことで、過酸化水素はH2O2→H2O+Oというふうに酸素を放出することによって酸化剤として作用します。

この酸素の力で、毛髪中のメラニンが破壊され、毛髪の色が茶髪や金髪になっていくわけですが、過酸化水素はアルカリ性状態で活発に分解して酸素を出すという性質があります。

逆に酸性状態ですと反応性が低くなります。

基本的にブリーチ力は、混合したブリーチ剤の、過酸化水素の濃度とアルカリ分がともに高いほど強くなります。

アルカリ剤の種類や、作用時の温度もブリーチ力を左右する要因となります。

酸化助剤(パウダーブリーチに配合されている)といわれている過硫酸アンモンなどの薬剤が混合されているかどうかによってもかなり変わってきます。

 

 

ブリーチパウダーでハイブリーチできるわけ

ハイブリーチをしたい場合、多くの美容師さんが用いるのが、いわゆるパウダーブリーチというアイテムです。

一般的にブリーチというと、パウダーブリーチをイメージするのが一般的になっています。

製品には、脱色・脱染剤、あるいは酸化助剤という表示がされていると思います。

過酸化水素水と混合して使用すると、通常のブリーチ剤や明るくする要素を併せ持っているヘアダイよりも、はるかに強いブリーチ力を発揮するこの粉のことをブースターといいます。

ブースターには通常、過硫酸アンモンや過ホウ酸ナトリウムなどが配合されており、これらが過酸化水素の働きを助け、より強力なブリーチ力を発揮します。

この酸化助剤は、毛髪中のメラニンをブリーチする働きを助けるだけでなく、毛髪をヘアダイで染毛してある場合、その色素も破壊しますので、染めた毛の脱染剤としてもしようされています。

ハイブリーチや色素の脱染のどちらの目的に使用する場合でも、ブースター+過酸化水素水という組み合わせは、毛髪にかなりの負担をかけることになりますので、注意が必要です。

詳しくはFAQの項で解説します。

 

 

ブリーチと毛髪損傷

過酸化水素の酸化力が強く作用するほどブリーチ力が強くなります。

が、同時に毛髪ケラチンにもダメージを与えてしまいます。

ヘアカラーによる毛髪損傷は、ほとんどブリーチによる損傷と考えてもよいくらいです。

ブリーチによって明るくなった髪ほど傷んでいるということではありません。

真っ黒に染めるヘアダイでも、ブリーチ力を持っているものが多いからです。

正確には、過酸化水素が強く作用する環境ほど毛髪を傷めるというべきでしょうか。

過酸化水素が強く作用するとメラニンが破壊されるだけでなく、毛髪ケラチンも破壊されてしまいます。

毛髪内部で過酸化水素が爆発的に酸素を放出すると、毛髪表面に無数の穴があいたり、亀裂が入ってしまいます。

 

 

ヘアマニキュアは酸性カラー

過酸化水素と混合しないで毛髪を染める染毛料にもさまざまなものがありますが、最もよく使用されているものにいわゆるヘアマニキュアというアイテムがあります。

ヘアマニキュアに使用されている染料は酸性染料というものです。

ヘアダイの酸化染料とは一字違いですが、質はまったく異なります。

酸性染料は文字通り酸性の染料で、毛髪のキューティクルに電気的な力で吸着して染まります。

ヘアダイのような堅牢な染毛はできませんが、ある程度の持続性はあります。

このようにある程度持続性のある染毛料をセミパーマネントカラーと呼んでいます。

 

 

トリートメント、ヘアケア、髪質改善など

髪の毛、頭皮のコンディションにお悩みでしたらご相談ください。

青山・表参道の美容室|美容院 VEIN
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル5F
03-6883-5312

  • この記事を書いた人

Murakami

心をこめて髪を切ります。ダメージをなるべく抑えた髪質改善で扱いやすい綺麗な髪にします。ダメージしにくいカラーやパーマを心がけています。 趣味:アウトドア・釣りショアからブリを狙っております。最近の休日は国会図書館で読書。 得意な技術:髪質改善、イルミナカラー、オージュア、トリートメント、大人ボブ、大人かわいい、グラデーションカラー、ハイライト、外国人風

更新日:

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン , 2018 All Rights Reserved.