パーマ

パーマのしくみ・基礎知識

毛髪の4つの結合とは

① ペプチド結合
アミノ酸の基本的な結合で、過度のアルカリ剤、過酸化水素で加水分解されて切断。

② シスチン(S-S)結合
システイン2分子が結合したもの。
1剤の還元剤によって切断され、2剤の酸化剤で再結合してS-S結合に戻る。

③ イオン結合(塩結合)
-(マイナス)イオンと、+(プラス)イオンの結合。
髪の健康な状態は、イオン結合がしっかり結合しているpHが弱酸性(pH4.5~5.5)の状態(=等電帯)。

髪のpHがアルカリ性に傾くと、イオン結合が切断されます。

※-イオンになるアミノ酸…
       グルタミン酸、アスパラギン酸(酸性アミノ酸)
  +イオンになるアミノ酸…
       アルギニン、リジン(塩基性アミノ酸)

④水素結合
水に濡れると切断。ドライで再結合。

4つの結合とパーマのかかるしくみ

パーマ剤の反応プロセスと4つの結合の関係。
4つの結合のうち3つの結合を切断し、髪を軟化する薬剤がパーマ剤です。

・水素結合  →  薬剤塗布で切断される
・イオン結合 →   パーマ剤がアルカリ性なので髪のpHもアルカリ性に傾くことによって切断される
・S-S結合 →  1剤の還元作用で切断される

※すべてのシスチン結合が切断されるわけではなく、強いパーマ剤でも髪のシスチン結合の約20%程度しか実際には切断されていません。

2剤の酸化剤で戻せるのは、シスチン(S-S)結合だけで、pHを等電帯(pH4.5~5.5)にし、髪をドライにすることで、イオン結合と水素結合が元に戻ります。

2剤を普通に塗布しただけでは、pHは等電帯まで戻らず、中間酸リンスをしてさらにロッドと毛髪に対してスポイトをしっかりと押し当てて塗布する必要があります。

毛髪にアルカリ分が残った状態で、パーマ施術が終わってしまうと、以下のような弊害が起こりえます。

1、取れやすい

2、かかりが弱い

3、断毛

しっかりと、薬剤を選定して正確な施術が必要になります。

ウェーブは水素結合、イオン結合、シスチン(S-S)結合の3つの結合で作られているので、パーマ処理においては、3つの結合をしっかりと戻すことが重要になります

 

パーマ剤の分類

パーマ剤の目的とは”毛髪にウェーブをもたせ、保つ” “くせ毛、縮毛又はウェーブ毛髪を伸ばし、保つ”こと。

上記の効能、効果が薬事法で定められており、還元、酸化の化学反応を伴うことから、人体の安全性を確保するために、パーマ剤は医薬部外品となっています。
パーマ剤はパーマネント・ウェーブ用製造(輸入)承認基準により、パーマネントウェーブ品質規格が薬事法で定められており、大きくはパーマネントウェーブ剤と縮毛矯正剤に分類されています。

パーマネントウェーブ剤は、有効成分(チオグリコール酸塩類、システイン類)、形態(二浴式、一浴式、用時調整二浴式)、使用方法(コールド式、加温式)により、6つのカテゴリーに区分されます。
一般的に使用されるパーマネントウェーブ剤のコールド二浴式と加温二浴式の違いをみてみると、加温式では、60℃以下であれば加温してもかまいませんが、加温されることによる毛髪のダメージを考慮して、還元剤の濃度、アルカリ度、pHの上限がコールド式よりも低く設定されています。

 

 

トリートメント、ヘアケア、髪質改善など

髪の毛、頭皮のコンディションにお悩みでしたらご相談ください。

青山・表参道の美容室|美容院 VEIN
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル5F
03-6883-5312

  • この記事を書いた人

Murakami

心をこめて髪を切ります。ダメージをなるべく抑えた髪質改善で扱いやすい綺麗な髪にします。ダメージしにくいカラーやパーマを心がけています。 趣味:アウトドア・釣りショアからブリを狙っております。最近の休日は国会図書館で読書。 得意な技術:髪質改善、イルミナカラー、オージュア、トリートメント、大人ボブ、大人かわいい、グラデーションカラー、ハイライト、外国人風

更新日:

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン , 2018 All Rights Reserved.