トリートメント ヘアケア 毛髪科学

ケラチンは丈夫な蛋白質というお話し

更新日:

そもそも、ケラチンってなに?

ケラチンを日本語でいえば、角質蛋白のことで、毛や爪、皮膚の角質層がこれに当たります。

牛の角や、羊の毛(ウール)もケラチンです。

 

ケラチンの特徴

構成するアミノ酸のうちシスチンというアミノ酸が多いことです。

シスチンはシステインというアミノ酸が酸化されてできるアミノ酸で、システイン2分子からシスチンが1つできます。

表皮や毛髪も出来立てはシステインの状態ですが、だんだん表皮に押し上げられていくうちに酸素の影響を受けてシスチンに変化していきます。

そうすると蛋白質の構造が主鎖(しゅさ)と呼ばれるアミノ酸の縦のつながりだけでなく、横のつながり側鎖(そくさ)もしっかりしてきて、たいへん丈夫な蛋白質になってきます。

このように皮膚や毛が次第に硬くなっていくことを角化といいます。

これがケラチンの完成ということで、出来上がった毛髪は、アミノ酸が縦にも横にもつながったしっかりした分子構造になっています。

 

 

鎖状のつながりをもったアミノ酸

アミノ酸がらせん状につながった1本の鎖をポリペプチド主鎖と呼びます。

これの対しシスチンのように主鎖と主鎖をつなぐ結合を側鎖と呼びます。

さらに毛髪ケラチンには、電気的にプラスの性質のアミノ酸とマイナス性質のアミノ酸とが引き合う塩結合と呼ばれる側鎖と、水素と酸素の親和力で引き合う水素結合という側鎖が無数にでき、容易に形が変わらない弾力のある性質の繊維になります。

蛋白質としては非常に丈夫で腐りにくいのです。

 

メモ

ミイラ化しても、毛髪って残ってませんか?とっても腐りにくいんですよね。

 

 

トリートメント、ヘアケア、髪質改善など

髪の毛、頭皮のコンディションにお悩みでしたらご相談ください。

青山・表参道の美容室|美容院 VEIN
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル5F
03-6883-5312

 

  • この記事を書いた人

Murakami

心をこめて髪を切ります。ダメージをなるべく抑えた髪質改善で扱いやすい綺麗な髪にします。ダメージしにくいカラーやパーマを心がけています。 趣味:アウトドア・釣りショアからブリを狙っております。最近の休日は国会図書館で読書。 得意な技術:髪質改善、イルミナカラー、オージュア、トリートメント、大人ボブ、大人かわいい、グラデーションカラー、ハイライト、外国人風

こちらがおすすめ

-トリートメント, ヘアケア, 毛髪科学
-P.P.T, ケラチン, 毛髪科学

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン , 2019 All Rights Reserved.