よくある質問 FAQs

このような肌の老化現象は主に真皮と呼ばれる、表皮(切っても血が出ない厚さの皮膚)の下の部分の皮膚の問題です。

真皮には栄養をたくさん含んだゼリー状の水分が多く、ヒアルロン酸とかコンドロイチン硫酸などムコ多糖類と呼ばれる物質が多く含まれています。

その中にコラーゲンとエラスチンというタンパク質でできている繊維がちょうど縄のように束を作っています。

歳をとってくるとこの繊維状のタンパク質ばかり増え、ゼリー状の水分が減ってきて真皮が硬く萎縮し、表皮はたるみができ、肌全体の弾力がなくなります。

このような状態は新陳代謝の減速が原因になったりしますので、プラセンタが有効です。

Category: スキンケア

なぜ小さい子供にあせもができやすいかというと、多量にかく汗はPHがあがってきて、皮膚が中性近くにまでなってしまい皮膚がふやけて汗口を塞ぎ湿疹やただれといった症状を呈します。

酸性の化粧水で吹いてあげるとあせもはできにくいのです。

小学校の高学年からは性ホルモンの分泌が盛んになりはじめ、皮脂の分泌量が増えてきます。

皮脂は酸性ですから、汗のpHが上がってきても肌のpHを酸性側に整える力が強くなってきてあせももできにくくなります。

Category: スキンケア

通常の洗顔石鹸や浴用石鹸がアルカリ性なのは確実ですが、よほどの過敏肌や、アトピー性皮膚炎の方でない限り安全性の高い洗剤ですし、垢をとっていく力もあります。

アルカリ性といっても、皮膚から分泌する汗や皮脂は弱酸性で、その程度のもので石鹸で洗った後の肌は十分に酸性側になります。

このように肌は、刺激に対して抵抗力のある弱酸性の状態に整える働きを本来持っており、皮膚の中和能といっています。

もし、通常の石鹸で洗うとヒリヒリしたり、皮膚が赤くなったりしたら過敏肌と考えてもよいと思います。

そのような方は弱酸性のアミノ酸石鹸を使用してください。

Category: スキンケア

本当です。

メイク化粧品はほとんどが油性の化粧品で、油汚れは油で取るという発想からクレンジングクリームや、クレンジングオイルでメイクを落とすのは間違いではありません。

しかし、一見メイクがクレンジングだけで取れたように見えても、化粧品が皮膚の毛穴や溝に詰まったままになっていて、それをそのままにしておくと毛穴が黒ずんできたり、クレンジング剤に配合されている界面活性剤が皮膚に対して刺激物になったりします。

必ず石鹸や洗顔フォームを使って、毛穴に残った残滓や、肌の老廃物まで洗ってください。

洗顔後、肌が突っ張るようでしたら、その状態が治まる最低限の量の乳液や美容液をつけてから寝るようにしてください。

Category: スキンケア

副腎皮質ホルモンは別名抗ストレスホルモンといって、ストレスを受けたときに過敏になったりする肌を守ってくれます。

ですから、かぶれやアトピー性皮膚炎のかゆみを抑えたりするときに圧倒的に効果を発揮します。

しかし、連用していると、自分自身の副腎で本来つくられるべき副腎皮質ホルモンの分泌が衰えて、とてもストレスに弱い体(肌)になります。

副腎の機能が衰えている人は過敏肌になりやすい=皮膚に対してちょっとした刺激でかぶれる=副腎皮質ホルモンを使用するーといった悪循環になってしまいます。

Category: スキンケア

鉱物性油は石油から作られるというイメージのため、肌に対してよくないのではといった認識を持っている方が多いようです。

昔は、精製技術が悪かったため不純物が混じったりして確かに問題がありましたが、現在では最も安定した安全な油です。

典型的な鉱物性油は流動パラフィンですが、ファンデーションやクレンジングオイルのベースの油はたいていこの流動パラフィンです。言い方は悪いかもしれませんが、毒にもならないが、薬にもならないと考えたほうがよいかもしれません。

しかし、日光にさらされても肌への刺激にならないという意味では、もっとも安全と言えます。

Category: スキンケア

それは良くありません。

頭皮の乾燥を抑えるために多少油分をつけることは悪くはないのですが、リンスやトリートメント(地肌用は除く)クリームには毛髪をしなやかにする成分として、カチオン界面活性剤が配合されているのが普通です。

この成分は多少刺激性があるものが多く、皮膚に残存しやすいので、かえってフケやカユミの原因になってしまいます。

人によってはかぶれる場合もあります。

乾燥頭皮用のトニックや、顔につける乳液や美容液を利用してください。

1990年代に若い方を中心に大流行した朝シャンですが、今でも朝シャンプーしている人は結構いるようです。

別にいつシャンプーしても同じですから、特に朝シャンプーすると禿げやすいということはありません。

ただ、当時はロングヘアのワンレングスヘアが流行で、朝の忙しい時間に急いでシャンプー&スタイリングするので、洗い方やすすぎもいい加減になりやすく、頭皮の汚れが落ち切れていなかったり、シャンプー剤やリンス剤が頭皮に残ったりして頭皮に軽い炎症などを起こしている方も結構いて、そのような場合は脱毛につながることもあります。

Load More

このような肌の老化現象は主に真皮と呼ばれる、表皮(切っても血が出ない厚さの皮膚)の下の部分の皮膚の問題です。

真皮には栄養をたくさん含んだゼリー状の水分が多く、ヒアルロン酸とかコンドロイチン硫酸などムコ多糖類と呼ばれる物質が多く含まれています。

その中にコラーゲンとエラスチンというタンパク質でできている繊維がちょうど縄のように束を作っています。

歳をとってくるとこの繊維状のタンパク質ばかり増え、ゼリー状の水分が減ってきて真皮が硬く萎縮し、表皮はたるみができ、肌全体の弾力がなくなります。

このような状態は新陳代謝の減速が原因になったりしますので、プラセンタが有効です。

Category: スキンケア

なぜ小さい子供にあせもができやすいかというと、多量にかく汗はPHがあがってきて、皮膚が中性近くにまでなってしまい皮膚がふやけて汗口を塞ぎ湿疹やただれといった症状を呈します。

酸性の化粧水で吹いてあげるとあせもはできにくいのです。

小学校の高学年からは性ホルモンの分泌が盛んになりはじめ、皮脂の分泌量が増えてきます。

皮脂は酸性ですから、汗のpHが上がってきても肌のpHを酸性側に整える力が強くなってきてあせももできにくくなります。

Category: スキンケア

通常の洗顔石鹸や浴用石鹸がアルカリ性なのは確実ですが、よほどの過敏肌や、アトピー性皮膚炎の方でない限り安全性の高い洗剤ですし、垢をとっていく力もあります。

アルカリ性といっても、皮膚から分泌する汗や皮脂は弱酸性で、その程度のもので石鹸で洗った後の肌は十分に酸性側になります。

このように肌は、刺激に対して抵抗力のある弱酸性の状態に整える働きを本来持っており、皮膚の中和能といっています。

もし、通常の石鹸で洗うとヒリヒリしたり、皮膚が赤くなったりしたら過敏肌と考えてもよいと思います。

そのような方は弱酸性のアミノ酸石鹸を使用してください。

Category: スキンケア

本当です。

メイク化粧品はほとんどが油性の化粧品で、油汚れは油で取るという発想からクレンジングクリームや、クレンジングオイルでメイクを落とすのは間違いではありません。

しかし、一見メイクがクレンジングだけで取れたように見えても、化粧品が皮膚の毛穴や溝に詰まったままになっていて、それをそのままにしておくと毛穴が黒ずんできたり、クレンジング剤に配合されている界面活性剤が皮膚に対して刺激物になったりします。

必ず石鹸や洗顔フォームを使って、毛穴に残った残滓や、肌の老廃物まで洗ってください。

洗顔後、肌が突っ張るようでしたら、その状態が治まる最低限の量の乳液や美容液をつけてから寝るようにしてください。

Category: スキンケア

副腎皮質ホルモンは別名抗ストレスホルモンといって、ストレスを受けたときに過敏になったりする肌を守ってくれます。

ですから、かぶれやアトピー性皮膚炎のかゆみを抑えたりするときに圧倒的に効果を発揮します。

しかし、連用していると、自分自身の副腎で本来つくられるべき副腎皮質ホルモンの分泌が衰えて、とてもストレスに弱い体(肌)になります。

副腎の機能が衰えている人は過敏肌になりやすい=皮膚に対してちょっとした刺激でかぶれる=副腎皮質ホルモンを使用するーといった悪循環になってしまいます。

Category: スキンケア

鉱物性油は石油から作られるというイメージのため、肌に対してよくないのではといった認識を持っている方が多いようです。

昔は、精製技術が悪かったため不純物が混じったりして確かに問題がありましたが、現在では最も安定した安全な油です。

典型的な鉱物性油は流動パラフィンですが、ファンデーションやクレンジングオイルのベースの油はたいていこの流動パラフィンです。言い方は悪いかもしれませんが、毒にもならないが、薬にもならないと考えたほうがよいかもしれません。

しかし、日光にさらされても肌への刺激にならないという意味では、もっとも安全と言えます。

Category: スキンケア

それは良くありません。

頭皮の乾燥を抑えるために多少油分をつけることは悪くはないのですが、リンスやトリートメント(地肌用は除く)クリームには毛髪をしなやかにする成分として、カチオン界面活性剤が配合されているのが普通です。

この成分は多少刺激性があるものが多く、皮膚に残存しやすいので、かえってフケやカユミの原因になってしまいます。

人によってはかぶれる場合もあります。

乾燥頭皮用のトニックや、顔につける乳液や美容液を利用してください。

1990年代に若い方を中心に大流行した朝シャンですが、今でも朝シャンプーしている人は結構いるようです。

別にいつシャンプーしても同じですから、特に朝シャンプーすると禿げやすいということはありません。

ただ、当時はロングヘアのワンレングスヘアが流行で、朝の忙しい時間に急いでシャンプー&スタイリングするので、洗い方やすすぎもいい加減になりやすく、頭皮の汚れが落ち切れていなかったり、シャンプー剤やリンス剤が頭皮に残ったりして頭皮に軽い炎症などを起こしている方も結構いて、そのような場合は脱毛につながることもあります。

Load More

 

 

 

髪に関するご質問は担当スタイリストがお答えします。

お気軽にご相談ください。

トリートメント、ヘアケア、髪質改善など

髪の毛、頭皮のコンディションにお悩みでしたらご相談ください。

上質なトリートメント、ヘッドスパ、スカルプメニュー

髪質改善メニューをご用意しております。

Aujuaオージュア正規取り扱い店

 

青山・表参道の美容室|美容院 VEIN
〒107-0061 東京都港区北青山3-5-2 第二青朋ビル5F
03-6883-5312

  • この記事を書いた人

veinhair

コンディショニングサロンVEINでは、お客様一人ひとりに合わせたパーソナルヘアケアトリートメントを導入しています。ダメージをなるべく抑えたカラーやパーマ、すでにダメージされてしまっている髪には補修をして髪の毛本来の美しさを取り戻すお手伝いをしています。

更新日:

Copyright© VEIN 青山・表参道のヘアサロン 髪質改善 , 2019 All Rights Reserved.